AIによる生活習慣病発症リスク予測、予防シュミレーションによる生活習慣病予防支援サービス HelpU

保険者努力支援 保険者機能強化 わかり易い情報提供

健診版HELPUサービスの有用性エビデンス(2018産業衛生学会発表より)

健診版HELPUサービスの有用性エビデンス(2018産業衛生学会発表より)

”人工知能による生活習慣病の発症予測及び個別対応提示とその効果”について、予測医学研究所 高山所長(かなまち慈優クリニック院長)に
産業衛生学会にてご発表頂きました。
現状の生活習慣病予防に関する課題解決にけたAIによる新たな発症予測手法とそれを用いた評価、改善情報提供にご紹介頂きました。
・メタボリックの発症予測に加えて、糖尿病、高血圧、脂質異常症についてAIによる発症予測精度検証
・医師の判断基準を学習したAIによる、各個人の過去の経緯も踏まえた評価と評価結果による個別指導情報提供について

第91回日本産業衛生学会発表内容

Return Top