AIによる生活習慣病発症リスク予測、予防シュミレーションによる生活習慣病予防支援サービス HelpU

保険者努力支援 保険者機能強化 わかり易い情報提供

第三期特定保健指導では、個人別健診情報の分析、評価が益々重要になります。

保険者の厳しい財政状況や専門職の限られた人的資源の中で、保健指導の質を確保しつつ、対象者の個別性に応じた現場 の専門職による創意工夫や改善を可能とし、実施率の向上につながるよう、
特定保健指導の運用の大幅な弾力化を行う。 とありますが、個人別の健診結果の分析や過去の健診結果などの情報を合わせた分析などを複数の医療機関で検査したり指導実施された内容を評価
するのは大変な作業となります。特に治療中の方の健診結果評価や健診機関を毎年変えられたりしながら継続して指導受けられたときなどの健診情報の管理、分析や医師との情報共有などの
情報管理、分析が大変となります。
第3期特定健康診査等実施計画期間における特定健診・特定保健指導の運用の見直しについて
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000170694.pdf

HelpU健診支援サービスでは、労安法健診から保健指導までの健診結果の分析、評価から長期のデータ管理、分析まで行うことが可能となり、
今回の運用の緩和による経済効果も上げながらデータヘルス計画目標を達成できます。

 

Return Top